長崎 猛烈な雨で土砂崩れ相次ぐ、側溝に転落した男性死亡

1時間雨量 野母崎で最大101ミリ

 長崎県内は12日に降った大雨で、長崎市などで土砂崩れや河川の増水が相次いだ。側溝に転落した男性1人が死亡し、陥没した道路に車が転落して運転の男性がけがをする事故も発生した。

 同市野母崎では同日早朝の1時間雨量が101・5ミリと観測史上最大を記録。同市柳田町では午前中、歩行中の高齢男性が深さ約2メートルの側溝に転落し、その後死亡が確認された。同市大崎町では陥没した道路に乗用車が転落。運転席の男性(39)が軽いけがをした。

 市内では土砂崩れが複数発生し、愛宕1丁目では高さ、幅5メートルずつ、奥行きが3メートルにわたって崩れた。民家に土砂が流入したが、住民2人にけがはなかった。うち男性1人は、西日本新聞の取材に「ガシャーンと窓ガラスが割れる音がして跳び起きた」と驚き、親戚の家に避難した。

 気象庁は九州北部では引き続き雨が降る恐れもあるとして、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意するよう呼びかけている。

 (坪井映里香、松永圭造ウィリアム)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ