クレーン車落下1人重体 「天神ビッグバン」工事現場

西日本新聞 社会面 山本 諒 今井 知可子

 12日午前10時すぎ、福岡市中央区大名2丁目の大名小跡地の再開発現場で、「大型クレーン車1台が約7メートル下に落下した」と119番があった。運転していたとみられる男性作業員1人が病院に搬送され、福岡市消防局によると意識不明の重体という。

 福岡中央署によると、クレーンのアーム部分の長さは約40メートルで、土台工事中に横転。アーム部分が隣接するビルに倒れかかり、壁の一部を壊す被害も出た。

 現場は繁華街の天神に近く、市の再開発促進事業「天神ビッグバン」の一環で米国系高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン」などを核とする地上25階、地下1階の複合ビルを建設中だった。

 隣接する公団に住む男子大学生(21)は複数の消防車が駆け付けた現場を見守った。「ガターン、ガタガタッと何かが崩れるすごい音がして建物が揺れた。こちらに倒れてきていたらと考えると本当に怖かった」。近くに住む女性(46)も「ドーンという音とともに壁や窓ガラスがぎしぎし揺れた。すぐに事故だと思った」と話し、助け出された作業員の安否を気遣った。 (山本諒、今井知可子)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ