福岡県で新たに14人感染 6日連続30人下回る 新型コロナ

西日本新聞 社会面

 福岡県で12日、新型コロナウイルスに感染していた福岡市の60代男性の死亡と、14人の新たな感染が確認された。感染者の内訳は、県2人、福岡市9人、北九州市3人。1日の感染者が30人を下回るのは6日連続。

 福岡市によると、これまで社員計5人の陽性が確認されたコールセンター「KDDIエボルバ薬院オフィス」(中央区)と、同じく社員計5人が感染したエレベーター管理業「日立ビルシステム南福岡営業所」(南区)を新たなクラスター(感染者集団)として認定した。

 県発表分は、粕屋郡の30代自営業の男性と糸島市の60代無職男性。

 長崎県では、仕事のために新上五島町を訪れていた福岡県在住の30代男性会社員の感染が判明。熊本県と熊本市は、菊陽町の80代男性と70代女性の夫婦ら4人の感染を発表した。

 宮崎市でも、県立宮崎病院に勤務する20代男性と、大阪府在住の10歳未満の女児の感染が確認された。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ