大量の汗、車道歩く女児…不明児を保護した女性3人の連携

西日本新聞 佐賀版 糸山 信

 佐賀県警伊万里署は14日、同県伊万里市内で車道の中央付近を歩いていた女児(6)を無事に保護したとして、同市と有田町の女性計3人に感謝状を贈った。

 3人は同市大坪町の施設職員福田友美さん(39)、同市瀬戸町の会社員西口弥生さん(30)、有田町北川内の会社員福島泉優さん(32)。

 福田さんは8月21日午後4時45分ごろ、JR伊万里駅近くを運転中、車道を歩いていた女児を発見。車を路肩に止め、後ろから女児をかかえて歩道に移動させた。西口さん、福島さんは歩道から女児に「危ない」などと声掛けを続け、大量の汗をかいていた女児に水を与えるなどした。

 署によると女児の家族から同日午後4時ごろに捜索願が出され、周辺を捜索中だった。川原重樹署長は「慌ただしい時間帯。3人には互いに連携して適切に対応していただいた」と感謝。福田さんは「家族も心配していたと思うし、女の子が元気に家に帰ることができてよかった」と振り返った。

(糸山信)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ