「避難者3万人分を3日間」 福岡市の防災備蓄、警固断層地震を念頭に

 九州各地にさまざまな被害をもたらした台風10号。福岡市でも接近に備えて6日午後、約250カ所の避難所が開設され、最大4500人近くを受け入れた。結果的には7日にすべての避難所が役目を終えたが、大規模災害となれば避難の長期化は必至だ。市は過去の災害を教訓に、広域支援の拠点機能も持つ大型の防災備...

残り 1105文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR