ツクツクボウシ 夏の終わり感じる鳴き声

西日本新聞 こども面

 名前はその鳴き声から付けられたものです。鳴き始めは「ジー」、すぐに「ツクツクボウシ ツクツクボウシ」と10回以上鳴き続けて、「オイヨース オイヨース」と変わり、最後に「ジュー」で終わります。

 たくさんいるセミの中でも特別に変わった鳴き方をするだけでなく、ほかのセミが鳴き終わる夏の終わり頃から鳴き始めるので、子どもたちは夏にこのセミの声が聞こえ始めると、ああ夏休みはもうすぐ終わりだ、と感じたものです。

 ところが近年は気候の温暖化のためか、早くから鳴き始めたり、本来はいないはずの北の地方でもその声が聞こえるようになったと言われています。

 ほかのセミより警戒心が強く、すぐに逃げるので、捕まえるのが難しいセミです。

PR

こどもタイムズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ