【やさしい日本語】インドから 長崎(ながさき)の 大学(だいがく)に 留学(りゅうがく)した 12人(にん)の「修了式(しゅうりょうしき)」があった

西日本新聞

去年きょねんの  10がつ、  長崎ながさきけん  諫早市いさはやしの  「長崎ながさきウエスレヤン大学だいがく」が、留学生りゅうがくせいのために  勉強べんきょうする  場所ばしょを  つくりました。

大村おおむらサテライトキャンパス」と  いいます。

最初さいしょの  学生がくせいは、  インドの  大学だいがくを  卒業そつぎょうした  12にんでした。

半年はんとしから  1ねんの  あいだ、  インドで  日本語にほんごを  勉強べんきょうしたのち、  日本にっぽんに  ました。

ウエスレヤン大学だいがくでは、日本語にほんごや  経営けいえい(management)を  勉強べんきょうしました。

9がつ15にち勉強べんきょうが  わったことを  いわう「修了しゅうりょうしき」が  ありました。

大学だいがくの  学長がくちょうは「あたらしい  コロナウイルスで  大変たいへんな  ときでも  頑張がんばることが  できました。すばらしいです」と  はなしました。

留学生りゅうがくせいの  ロヒト・ヴァサンタ・ナイクさんは、「ゆめは  日本にっぽんで  ビジネスを  はじめることです」と  はなしました。

12にんのうち  半分はんぶんぐらいは、  日本にっぽんに  のこって  会社かいしゃなどで  はたらきます。

のこりの  ひとは、これからも  仕事しごとを  さがす  そうです。

 

もとの  記事きじは  こちら

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ