道の駅くるめ「ジャージー牛乳ソフト」西日本1位に輝く

西日本新聞 筑後版 平峰 麻由

 西日本にある道の駅の冷たいスイーツ今年人気ナンバーワンを決める「道の駅ひんやりスイーツ総選挙2020」で、道の駅くるめ(福岡県久留米市善導寺町)の「ジャージー牛乳ソフト」(350円)が初の1位に輝いた。

 総選挙は、道の駅の魅力を伝えてドライブするきっかけにしてほしいと、日本自動車連盟(JAF)と旅行雑誌「じゃらん」が共催。道の駅くるめは過去3回出場、昨年と一昨年は2位だった。今年は131品がエントリー。ネットで投票された4738票のうち、道の駅くるめが356票を獲得し悲願を達成した。九州の道の駅が優勝したのも初めて。

 道の駅くるめの「ゆたぁ~っとカフェ・マイマイ」オーナー(59)が十数年前からソフトクリームを販売している。同市北野町の牧場で搾られたばかりの生乳を加工。味わいは濃厚でも、後味はさっぱりしている。滑らかな口溶けで、子どもから大人まで人気という。「素材そのままの味で勝負したのがよかった」と喜んだ。 (平峰麻由)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ