譲れない事情もある

西日本新聞

 ☆私は足の病気で、ゆっくりしか歩けません。電車に乗っても立つのがつらいので、優先席に座っていたら、立っていた高齢男性が私に「どかんか!」と怒鳴りました。

 私が病気のことを説明しても、全く耳を傾ける気はなく、言い合いになりました。見かねた他の乗客が仲裁に入り、その場はなんとか収まりましたけど。

 だいぶ前の出来事ですが忘れられません。自分より若い者が優先席に座っていても、事情があって譲れない場合もあるのです。 (福岡市博多区、女性、55)

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ