「登校見守り犬」シュン君にサプライズ 警察官が制服手作り、5年の活動に感謝

西日本新聞 佐賀版

 21日から始まる「秋の交通安全県民運動」に先立ち、佐賀県神埼市神埼町で見守り犬として活躍するシュン君(雄、8歳)に手作りの制服を渡す贈呈式が17日、神埼署であった。

 ミニチュアシュナウザー犬のシュン君は約5年前から毎朝、家の前で子どもたちの登校を見守っている。その様子を知った県警警務課の江口若奈警部補(37)が警察官の制服を着てもらおうと思い立ち、数年前に1着目を作ってプレゼントした。

 今回は自身の夏服を参考にデザインを考案。ボタンや腕章、帽子など細部にこだわり、仕事の合間を縫って約2カ月で仕上げた。シャツの色は本来水色だが、目立つように黄色にしたという。

 贈呈式に出席した飼い主の大坪都子さん(69)は「とてもかわいく作ってもらい、感謝でいっぱい。登下校している子どもたちも喜んでくれると思う」と感激した様子。江口警部補は「制服を着たシュン君を見ることで、交通マナーを振り返るきっかけになれば」と話した。

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ