空き店舗、商業施設に唐津焼  「唐津まちなか散歩」15作家が参加

西日本新聞 佐賀版 野村 創

 唐津焼作家が商店街の空き店舗や商業施設で作品を展示販売する「唐津まちなか散歩」が19日、佐賀県唐津市の呉服町商店街などで始まった。約15の作家が参加し、市中心部のにぎわいづくりにつなげる。22日まで。

 同市では今年、新型コロナウイルスの影響でゴールデンウイーク恒例の「唐津やきもん祭り」が中止された。市内では8月から宿泊費半額キャンペーンが始まったことから、観光客らが焼き物と町歩きを楽しめる機会を設けようと、同商店街の坂本直樹理事長(56)ら有志が企画した。

 期間中は、唐津観光協会が同商店街の空き店舗に総合案内所を設け、豆皿やちょこを販売。商業施設「KARAE」では、土屋由起子さんら人気作家4人の代表作を紹介している。坂本さんが経営するギャラリー一番館は27日まで、岡本作礼さんの作陶展「唐津の品格」を開催。一番館のウェブでも同時販売している。

 唐津焼を見に来たという広島市の会社員弥谷聡一郎さん(39)は「いろんな作家の作品を楽しむことができた。いい取り組み」と話した。 (野村創)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ