「校舎に食料届けてくれた」7月豪雨 消防団やスーパーに児童が感謝

西日本新聞 社会面 立山 和久

 7月の豪雨で校舎1階が浸水し、2階で一夜を明かした福岡県大牟田市のみなと小学校の児童7人が19日、胸まで水に漬かりパンとおにぎりを届けてくれた地元の消防団と、食料を提供してくれたスーパーをそれぞれ訪問し、感謝の気持ちを書いたメッセージカードを手渡した。

 7月6日の豪雨では、午後4時ごろから小学校周辺が急速に浸水し、児童258人中22人が取り残された。児童たちは、馬籠秀典校長ら教諭20人とともに2階に避難。学校は同5時すぎには停電し、食料の備蓄もなかった。状況を知った柿原真PTA会長が市消防団みなと分団に連絡。池田武史班長(37)がスーパー「健康市場マルエイ大牟田南店」に行き、パンとおにぎり計四十数個を無償提供してもらい、ポリ袋に詰めて約2キロの道のりを水に漬かりながら歩いて学校に届けた。

 児童は懐中電灯の明かりの下で食事を取り、一夜を過ごした。7日早朝から午後1時までに自衛隊のボートで救助された。

 分団とスーパーを訪れた児童は「ずぶぬれになりながら届けてくれてありがとう」「命がけで守ってくれた消防団は誇りです」などと書いたカードを贈った。池田班長は「何とかしたいという一心で飛び出した」と振り返り、スーパーの坂井雅喜店長(35)も「みんなの笑顔が見られてうれしい」と目を細めた。 (立山和久)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ