自然葬モニュメント完成 墓代わり、遺灰を土に 大分市・霊山寺 

西日本新聞 大分・日田玖珠版 井中 恵仁

 墓をつくらず、遺灰を土に返す「自然葬」を行うモニュメントが、大分市岡川の山中にある霊山寺の一角に完成した。

 少子高齢化や核家族化を背景に、近年は先祖代々の墓の維持管理が困難になり、墓じまいする人が増えているという。霊山寺は新たな葬送へのニーズが高まっていることから製作した。

 緑に囲まれた環境にあるモニュメントは、鏡状のパネルに覆われた円柱(直径約5メートル、高さ1・5メートル)の上に、十一面観世音菩薩(ぼさつ)が据えられている。円柱内には特殊な土が入っており、粉末状にした遺骨を埋めると、数年ほどで吸収され、霊山寺の土に返るという。

 竣工(しゅんこう)式が9日、関係者約30人が集まって開かれた。稙田恵秀(わさだえしゅう)住職(89)は「親しみやすく、気持ちが落ち着く公園のような空間にモニュメントはある。人は自然の中から生まれて自然の中に返る、輪廻(りんね)の考え方が伝わったらうれしい」と話した。宗派を問わずに申し込めて、1人につき35万円で永代供養するという。

 (井中恵仁)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ