みこ神楽「浦安の舞」奉納 コロナ終息願い マスク姿で 愛宕神社

西日本新聞 社会面

 福岡市西区の愛宕神社の秋季例大祭が24日、神殿であり、みこの田邉恵美香さん(22)が新型コロナウイルスの感染終息を願い、みこ神楽「浦安の舞」を奉納した。

 「浦安」は「心の安らぎ」を意味する言葉で、舞には平和への思いが込められているという。神楽の調べに合わせ、前半は扇、後半は鈴を手にして優雅に舞った。参拝者は、古い時代の情緒を感じさせる手ぶりや身ぶりをしのんでいた。

 マスク姿ながら、堂々とした舞を見せた田邉さん。「コロナが一日も早く収まり、みなさまが平穏無事に過ごせるよう祈っています」と話していた。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ