【★どうが★やさしい日本語】福岡市(ふくおかし)で 長(なが)く 続(つづ)いた 日本料理(にほんりょうり)の 店(みせ)が、来月(らいげつ)で 店(みせ)を 閉(し)める

西日本新聞

福岡ふくおかに「三光さんこうえん」という  高級こうきゅうな  日本にほん料理りょうりの  みせが  あります。

1926ねんにできました。ながい  あいだ、  福岡ふくおかの  会社かいしゃの  社長しゃちょうや  政治せいじも  よく  利用りようして  いました。

みせの「女将おかみ」は80さいの  宮本みやもと  佳代かよさんです。

女将おかみ」とは  料理りょうりの  みせや  旅館りょかんの、女性じょせいの  主人しゅじん(owner)のことです。

三光さんこうえんは、  佳代かよさんの  両親りょうしんが  はじめました。

戦争せんそうの  時代じだいに、みせの  建物たてものが  全部ぜんぶ  えました。そのあとに、いまの  建物たてもの  になりました。

佳代かよさんは  34年前ねんまえに  女将おかみ  になりました。そして、がんばって  みせを  つづけて  きました。

時代じだいが  わって、会社かいしゃや  役所やくしょさんこうえんを  使つかうことが  ったあとは、結婚けっこんの  おいわいの  かいで  使つかって  もらうようにしました。

でも、今年ことしは  あたらしい  コロナウイルスで、おきゃくさんが  きゅうに  って  しまいました。

大事だいじな  みせなので、  佳代かよさんは  つづけたいと  おもって  いましたが、むずかしく  なりました。

佳代かよさんは、みせを  10がつ31にちに  めることにしました。

ながい  あいだみせに  て  くれた  おきゃくさんに、こころから『ありがとう』と  つたえたいです」と  はなしました。

もとの  記事きじは  こちら

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ