『灯台からの響き』 宮本輝 著 (集英社、2090円)

西日本新聞 夕刊

 中華そば店を営む康平はある日、亡き妻宛てに30年前に届いたはがきを本の間から見つける。はがきには、岬と灯台のような線画が描かれ、短い文章が添えられている。差出人は大学生の小坂真砂雄。妻の過去を追い、康平は旅に出る--。人々との出会いを通じて人生の意味を探す物語。

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ