秋を彩る阿蘇の花々 コスモス、ヒゴタイ、ソバが競演 熊本

西日本新聞 熊本版 佐藤 倫之

 熊本県・阿蘇地域には週末、秋の花々をめでようと多くの観光客が訪れた。

 熊本、大分両県境近くにある産山村のヒゴタイ公園では、瑠璃色のヒゴタイが盛りを過ぎ、コスモスが満開に。阿蘇五岳とくじゅう連山の双方を望みながら秋の彩りを楽しめる。

 球状のヒゴタイの花は初秋にも見られ、黄色いオミナエシやススキなど秋の七草と一緒に秋風に揺れている。彩りを増しているのがコスモスの群生。夕刻、近くからはスズムシの音も聞こえ、散策する人たちでにぎわっていた。

 一方、阿蘇市波野地区にある「そばの花公園」(6・5ヘクタール)では、700万本のソバの花が、白一色から実りの秋色へと移ろいつつある。遠くにはギザギザ頭の根子岳なども望める。

 東外輪山にある同地区は、ソバの産地として知られる。近くにある「道の駅波野」では、地元産のソバの実を毎日石うすでひき、レストランで打ちたてを提供している。収穫時期の11月には新そばを楽しむことができる。

(佐藤倫之)

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ