「安かろう、悪かろう」…

西日本新聞 社会面

 「安かろう、悪かろう」-そんなイメージを覆された。手持ちのスマートフォンを、気になっていた格安スマホに変更した。画面の見やすさ、操作感などは10万円を超える機種と比較しても遜色はないと感じた。処理速度など細部を比べれば高価格の機種に劣る部分も多いので、購入時にはかなり悩んだ。

 思い返したのは、10年近く前、タブレット型パソコンがはやり始めたころに、他製品の半額以下で購入した海外製品。重量があり片手で持つには苦労するし、付属していた充電ケーブルが合わない、心当たりのないアプリがいつの間にか入っているなど、苦労させられた。

 その経験から「安価」「海外製」はなるべく敬遠していた。だが、今回は「悪かろう」の印象を消す機会となった。ただ、心当たりのないアプリを入れてこようとするのは価格や生産国を問わずにあるようで、これには閉口させられている。 (安藤隆信)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR

注目のテーマ