聖火リレー、3月25日福島発 九州は大分スタート、福岡ゴール

 来夏に延期された東京五輪の聖火リレーについて大会組織委員会は28日、来年3月25日に福島県楢葉町のサッカー施設「Jヴィレッジ」を出発し、121日間で全47都道府県の859市区町村を巡る日程を発表した。今年予定していた日程を1日ずつ前倒しした以外は、走行ルート、既に決まっている全国約1万人のランナーも含め、従来の計画を基本的に引き継ぐ。

 九州7県と沖縄県では、4月23日の大分県のスタートを皮切りに、5月12日の福岡県のゴールまで、各県2日間ずつ聖火が走る。その後も各地を回り、最後に7月23日の五輪開会式で国立競技場の聖火台にともされる。

 組織委は新型コロナウイルスの感染拡大による延期を受け、大会の簡素化とコスト減に取り組んでいる。聖火リレーの見直しは、各自治体から「機運を盛り上げたい」と日程維持を求める意向が示されたこともあり、隊列の車両やスタッフの数、各日のゴール地点で行う祝賀行事「セレブレーション」の装飾などの削減にとどめた。

 聖火は、3月にギリシャ・オリンピア遺跡で採火され日本に運ばれ、延期決定後も保管されている。聖火リレーのコンセプトは「希望の道を、つなごう。」。組織委は28日、「東日本大震災の被災地をはじめ日本全国の人々に希望と勇気を与え、新型コロナを乗り越えた先にある人類の希望を全世界の人々に示していく」とのメッセージを発信した。

 東京パラリンピックは、来年8月12日から競技会場のない43道府県で採火イベントを行い、採火と聖火リレーを17日から24日の開会式まで、競技会場がある静岡、千葉、埼玉、東京の4都県で順次行う。

 (下村ゆかり)

 

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ