性差なくすはずでは…新標準服、男女別に販売 長年の慣習?福岡市

西日本新聞 一面 横田 理美

 LGBTなど性的少数者への配慮や機能性向上を目的に福岡市が本年度から導入し、ほとんどの学校で採用されている市立中学校の新標準服について、保護者から「陳列や表記を男女で分けている販売店がある」との情報が西日本新聞「あなたの特命取材班」に寄せられた。店を訪れた新中学生の中には「嫌な気持ちになった」と語る子も。取材すると、長年の慣習に引きずられ、慣れない個への配慮が遅れる店側の苦悩が透けて見えた。

 声を寄せたのは市内の40代男性。わが子の中学入学を控えた昨冬、市内の学生服販売店のウェブサイトをのぞくと、「1型(男子向け)」「2型(女子向け)」と性別ごとに表記されており違和感を覚えた。

 新標準服は動きやすさや寒暖、自身の性自認などに合わせ、スラックス、キュロット、スカートのいずれを着るか性別に関係なく選べるのが特徴。一方で同店は、店頭の陳列棚にも「男子カッターシャツ」「女子ブラウス」などと男女別で表示していた。

 後日、わが子と一緒に店を訪れた同級生の中には「大人にだまされた」とショックを受けた子もいたという。男性は「新標準服があるから福岡市に引っ越そうという家庭もあると聞く。せっかくの良い取り組みに販売店が水を差すことになっている」と残念がる。

    ◆    ◆

 市教育委員会によると、新標準服の縫製は主に大手4メーカーが受託し、市内数十の直営店や取扱店で販売されている。販売にあたっては市教委がメーカーを通じ、「見た目の性別で商品を案内せず、本人の意思で自由に選ばせてほしい」と依頼している。

 なぜ、趣旨に反した表示がなされてしまったのか。

 同店の店長は西日本新聞の取材に「ブレザーやシャツは体形に合わせて2種類がある。判別しにくいと困る人もいると思い、男女表記を加えた」と説明。その上で「マネキンにも習慣で『男らしい体形』には『男子向け』を着せていた。指摘を受け、無意識に決めつけていたとハッとした。お客さまに申し訳なく思っている」と胸中を明かした。今後は性差の少ないマネキンの使用や、便宜上必要な場合は「一般的な女性体形」と示すなどして工夫するという。

    ◆    ◆

 制服の選択制は九州でも増加中で、北九州市は本年度から全市立中学校で導入。販売方法の指示はしていないが、店では受託メーカーで統一した「1、2型」の呼称が定着しているという。一方、福岡県内のある自治体担当者は「具体的な指導は行政による口出しになりかねない」と、店への周知徹底の難しさを明かす。

 福岡市教委には今月、販売店側からメーカーを通じて「販売方法を改善する」と報告があった。生徒指導課の阿武正俊課長は「特別な配慮がなくても自分らしく学校生活を送れることが新標準服の目的。アンテナを張って対応する」と話す。

 同市立警固中のPTA会長時代、同中で性別を問わない制服を全国に先駆け導入した後藤富和弁護士は「自治体主導で販売店や教師の研修会を開くなど、子どもたちが自分の気持ちに素直に選択できる環境をつくることが、私たち大人に求められている」と指摘した。

 (横田理美)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ