「ことこと列車」田川伊田発着に 平成筑豊鉄道のレストラン列車

西日本新聞 筑豊版 吉川 文敬

 平成筑豊鉄道は10月3日から、田川伊田駅(福岡県田川市)発着のレストラン列車「ことこと列車」の運行を開始する。土日祝日の1日1便で12月27日まで。同駅発着は4月にスタートする予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大で同列車の運行自体が中止に。7月から再開したが、直方-行橋での営業となっていた。

 同列車は2019年3月、「ゆっくり・おいしい・楽しい列車」をコンセプトに、直方駅から田川伊田駅などを経由して、行橋駅を終点とする路線で運行を開始した。ステンドグラスや組子をあしらったおしゃれな車内と創作フレンチが自慢だ。内外装はJR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手がけた工業デザイナー水戸岡鋭治さんが担当した。

 2両編成で定員は48人。今年3月までで計約5千人が利用するなど好評だったが、新型コロナの影響で4月から運休した。7月の再開後も定員を半分にしていた。10月からの田川伊田駅発着コースは定員を30人に増員。直方駅や行橋駅などを経由する。4時間ほどかけて田園風景とフランス料理が楽しめる。

 10月3日は田川伊田駅で、地元特産品販売があるほか、市のマスコットキャラクター「たがたん」によるお出迎えもある。料金は1人1万7800円。国の観光支援事業「Go To トラベル」効果もあり、12月上旬まで予約で埋まっているという。JTB北九州支店=093(521)5956。

(吉川文敬)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ