【動画あり】“輝く黒” 新観光列車「36ぷらす3」 JR九州

西日本新聞 一面 古川 剛光

 JR九州は29日、九州を周遊する新たな観光列車「36ぷらす3」の完成車両を、同社小倉総合車両センター(北九州市小倉北区)で報道陣に公開した。同社12番目の観光列車で、10月16日に運行開始予定。

 列車名は、九州が世界で36番目に大きな島であることにちなむ。1992年登場の特急「つばめ」で使用した787系を改造し、黒い森をイメージした塗装に仕上げた。観光列車で初めて一部客室に畳敷きを採用。つばめで親しまれたカウンター付き簡易食堂「ビュッフェ」を復活させた。

 つばめをデザインし、今回も手掛けた工業デザイナー水戸岡鋭治氏(73)は「ななつ星や九州新幹線より難しかった。手間暇かけた情熱が多くの人に伝わると信じる」と語った。(古川剛光)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ