季節外れのヒマワリ満開 笑顔咲く 朝倉・バサロ、16万本見頃に

西日本新聞 横山 太郎

 福岡県朝倉市杷木久喜宮の「道の駅原鶴・ファームステーションバサロ」前の畑で、約16万本のヒマワリが鮮やかに咲き誇っている。

 毎年、夏場に種をまく「遅咲きのヒマワリ」として人気を集めるスポット。今年も連日、市民や観光客らが散策したり、記念撮影したりして楽しんでいる。

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、開花に合わせた恒例イベントは中止になった。「別の形で来場者に楽しんでもらえたら」と、バサロのスタッフや出荷者が「愛の告白 これからもずっとそのままの君でいてください」など、ヒマワリの花言葉や自作のメッセージを添えた看板を畑に設置した。

 担当者は「2017年の九州豪雨の復興とコロナ終息の願いを花に託した。『密』を避けながら観賞を楽しんでほしい」と話している。(横山太郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ