熊本県で新たに19人感染 キャバクラ店でクラスター

西日本新聞

 熊本県と熊本市は4日、計19人の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。内訳は、熊本市15人のほか、八代市と荒尾市、宇城市、大津町で各1人。県内の累計感染者は606人になった。

 また、熊本市は2~4日にかけて、同市中央区のキャバクラ「Mermaid(マーメイド)」の利用客や従業員計22人の感染を確認したと明らかにした。4日に県内で感染確認された19人中16人が同店の関係者。2日から休業している。

 市は同店でクラスター(感染者集団)が発生したとみて、9月25日~10月1日に入店した人に、市や県の相談センターに連絡するよう呼び掛けている。同市でのクラスターは5例目。

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ