若者の海外移住相次ぐ…香港 国安法施行3ヵ月

西日本新聞 国際面 川原田 健雄

「自由ない」海外へ移住

 香港の反政府活動を取り締まる香港国家安全維持法(国安法)が6月末に施行されて3カ月が過ぎた。中国の統制が強まる中、将来を悲観した香港の若者たちは相次いで海外へ移住。新たな人生を歩みながら故郷の行方を見守っている。

 「夜、アパートの外で話し声が聞こえると『警察が来たのかも』と不安で眠れなかった。精神的に限界だった」。9月上旬から英国で暮らすアルフレッドさん=仮名=は、香港を離れる直前の追い詰められた心境を打ち明けた。

 昨年6月以降、毎週のように反政府デモに参加。会員制交流サイト(SNS)で知り合った仲間とクラウドファンディングで資金を集め、世界各国の新聞に香港支援を呼び掛ける意見広告を出したほか、海外の政治家を香港に招待する活動にも携わった。

 しかし、国安法施行後、香港当局はこうした活動を「外国勢力と結託する行為」と問題視。中心メンバーだった民主活動家が逮捕されたため、身の危険を感じたアルフレッドさんは急きょ英国に渡った。「友人には長期旅行だと伝えている。誰から警察に伝わるか分からないので本当の事情は話せない」とこぼす。

 旧宗主国の英政府は「英国海外市民(BNO)旅券」を持つ香港市民に5年間の滞在や将来的な市民権付与に道を開く制度改正を進める。BNO旅券を持つアルフレッドさんは現地で就労できるが、新型コロナウイルスの影響で仕事は見つからず、貯金を取り崩す日々だ。

 それでも後悔はない。「香港に残してきた父や祖母に会えないのは寂しいけど、ここなら安心できる。英国に来る香港市民はこれからもっと増えると思う」

 海外の国会議員に香港支援を呼び掛けてきたエドワードさん(23)=仮名=も、仲間の摘発がきっかけで香港を離れた。

 仲間は8月下旬に台湾へ密航しようとして中国当局に拘束された民主活動家ら12人のうちの一人で、「香港と台湾の間の島で船を乗り換えて台湾へ向かう予定だったが、その前に捕まった」。過去にも同じルートで数人が台湾へ逃れたが「今回は当局に情報が漏れていたのでは」と推測する。

 自身は9月末から欧州の知人宅に身を寄せる。「香港は私の“家”。帰りたいけど、中国本土のような自由のない今の香港では暮らせない」。将来は台湾に移り住んで香港に残る家族を呼び寄せるつもりだ。「香港が好きで、香港のために行動してきたのにもう戻れないなんて…。本当に悲しい」と言葉を絞り出した。 (川原田健雄)

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ