天元戦第1局始まる「早いペースで進行」 

 囲碁の井山裕太天元(31)=棋聖、本因坊=に一力遼碁聖(23)が挑む第46期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第1局が8日、名古屋市熱田区の料亭「賀城園」で始まった。

 井山天元は七冠独占を2度達成した第一人者。天元戦は5連覇中で、名誉天元の資格も得ている。一力碁聖は8月に初めて七大タイトルの碁聖を獲得。国際棋戦でも活躍し、勢いに乗っている。両者が天元位を懸けて戦うのは3度目。

 定刻の午前9時、立会人の羽根直樹九段の合図で、握って黒番になった一力が右上隅星(16四)に第一着を打ち下ろした。井山は白22(3十五)、24(2十四)で左下隅の実利を確保。落ち着いた打ち回しを見せている。

 羽根九段は「現時点では激しい戦いが起きておらず、素直な発想の展開となったが、早いペースで進行している」と話した。

 持ち時間は各3時間で、8日夕方には決着する見通し。西日本新聞ホームページでも対局を速報している。

関連記事

PR

バギーコンサート

  • 2021年11月28日(日)
  • 福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良 チャイルドルーム

PR