就職活動や結婚活動を略して「就活」「婚活」、人生の終末の準備は…

西日本新聞 オピニオン面

 就職活動や結婚活動を略して「就活」「婚活」、人生の終末の準備は「終活」。「〇〇活」という言葉をよく耳にする。同様に「〇〇ハラ」も。「嫌がらせ」を意味するハラスメントと結び付けた「セクハラ」「パワハラ」などだ

▼文化庁の2019年度国語に関する世論調査によれば、8割以上の人が「〇〇活」「〇〇ハラ」を「他人が言うのは気にならない」とし、5割以上は「自分も使う」と答えた。新しい表現は定着しているようだ

▼パワハラに関しては、職場でのハラスメントの防止を大企業に義務付けた法律が6月に施行された。企業はパワハラ対策の方針を定めて周知し、相談に応じる体制を整え、パワハラがあれば迅速、適切に対応するよう求められている

▼社員研修も盛んに開かれているようだ。ある研修に参加してみた。講師が強調したのは、上司は部下のためを思って厳しく指導したつもりでも、部下が「理不尽」と感じればパワハラになり得る、ということだ

▼昔は自分も上司に鍛えられ、それをばねに成長した。だから部下も-と昭和世代は思いがち。今どきは通用しないと肝に銘じた方が良い

▼印象に残ったアドバイスがある。「部下との会話は常に録音されていると思え」。それくらい慎重に対応せよという心構えだ。人を傷つけるハラスメントはあってはならないが、互いに身構え、ハラを割って話せない職場も何やら味気ない。

PR

春秋(オピニオン) アクセスランキング

PR

注目のテーマ