鉄道での性犯罪が増加傾向 コロナ自粛緩和で「密」戻る…警戒を

西日本新聞 社会面 田中 早紀

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛ムードが落ち着きをみせ、公共交通機関の利用者が増える中、鉄道関連の痴漢や盗撮などの性犯罪が目立つようになった。福岡県警によると、九州有数の鉄道網がある福岡県内の今年3~5月の被害情報は26件。前年同期比で6割減少したが、6月以降は前年と同水準に戻った。車内が混雑するにつれて犯罪は起きやすい傾向があり、取り締まりを強化している。

 「電車内で痴漢に遭った」。9月30日から2日連続で、会社員の20代女性と女子中学生が、福岡市内の同じ鉄道の区間で被害に遭ったと県警の鉄道警察隊(鉄警隊)に通報があった。

 私服姿で満員の急行に乗り込んだ鉄警隊員5人は10月6日早朝、被害者2人から聞き取った特徴と似た会社員の男(28)を発見。乗車して間もなく女性の体を複数回触ったことから、県迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕した。

 この捜査の過程で、同2日に女性のスカート内にカメラを差し入れた自営業の男(50)も見つけ、同条例違反(卑わいな行為)で逮捕。同8日にも痴漢をした疑いで、建設作業員の男(52)を逮捕した。県警幹部は「車内の混雑、人混みに乗じた性犯罪が増えている」と警戒する。

 鉄道関連の性犯罪に関する鉄警隊への情報提供は増加傾向にあり、2015年の99件から19年は170件に跳ね上がった。鉄警隊は「駅員に通報の徹底を呼び掛けていることが、情報の増加につながっている。一方で、事件自体が増えている可能性もある」とみる。

 私服で捜査する隊員を増やしたこともあり、摘発件数も15年の14件から、19年には90件に増えた。

 被害の訴えが摘発につながるとはいえ、報復を恐れて相談できない被害女性は多い。鉄警隊による18年のアンケートでは、被害に遭った123人中51人が「相談していない」と答えた。

 県内に住む20代女性は昨年、朝の列車で痴漢の被害に遭ったが「顔を覚えられて逆恨みされるのではないか」と被害を打ち明けられず、利用時間を変えた。「乗り物に乗ることが怖くなった」と振り返る。

 今年7月、利用時間を元に戻すと再び被害に遭った。勇気を出して駅員に相談。隊員が付き添う「同行警乗」が始まり約1週間後、男が現行犯逮捕された。女性は「とにかくほっとした」と話した。

 鉄警隊は、被害に遭わないために乗客が少ない車両を選んで乗ったり、防犯ブザーを携帯したりする対策を勧めている。野田浩三副隊長は「男性に被害内容を話しにくい人には女性隊員が対応するので、安心して相談してほしい。目撃した人は通報を」と呼び掛けている。

(田中早紀)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ