幸せしみじみ筑穂牛の味 福岡・川崎のバーベキュー

西日本新聞 夕刊 佐藤 弘

 秋晴れの日。同じく中高年の連れを誘い、福岡県川崎町安真木の大ケ原台地へ。目当ては、ブドウ畑のレストラン「ラピュタファーム」のオーナー杉本利雄さん(54)が始めた、地元筑豊地区が誇る筑穂牛のバーベキューセット(1人前4千円から)である。

 換気率100パーセント。爽やかな風が通るオープンテラス。どどーんと出てきたのは2人分、400グラムのステーキ。これを木炭こんろでさっとあぶり、はさみでチョキチョキしてから、好みの焼き加減で食べるのだ。

 卓上には焼き肉のたれもあったが、相手はめったに口にできない、最高級ランクA5の逸品。肉自体の味を堪能したくて、塩とこしょうだけでいただくことに。

 かんだ瞬間、ほとばしる肉汁。あ~、このうま味、たまらん。しみじみと幸せをかみしめながら、筑穂牛を味わい尽くした。これぞ大人のバーベキューだ。

 なぜまた、こんな高価な肉を-。「飯塚市の生産者からコロナ禍で高級肉が売れないと嘆く声を聞き、多めに引き受けたんです。この値段じゃもうけはなしですが…」と杉本さん。

 わが一口が地域の食の循環を回す一助となれば、多少の奮発、大いに満足である。

 (佐藤弘)

 ▼ラピュタのバーベキュー 筑穂牛に野菜、ウインナー、鶏肉、おにぎりなどが付く。和牛だと3000円から。2日前までに要予約。午前11時~午後8時。レストランは午後4時(日曜日は同3時半)まで。ラピュタ=0947(47)4000(月、木曜定休)。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ