福岡市西区にグランピング場 「唐泊VILLAGE」来年1月開業

西日本新聞 社会面

 キャンプ場運営を手掛けるベンチャー企業「VILLAGE INC」(静岡県下田市、橋村和徳社長)と西日本新聞社は、来年1月をめどに福岡市西区宮浦にグランピング場「唐泊VILLAGE」を開業する。約50年放置されてきた糸島半島にある浜辺の耕作放棄地約2ヘクタールを地元地権者から借り受け、「非日常体験ができる村づくり」をテーマにアウトドア事業を展開する。

 運営は両社が設立した「合同会社西日本VILLAGE」が行い、今後は九州各地で地域活性化事業に取り組む。

 「唐泊VILLAGE」は利用者を“村民”と位置づけ、一緒に施設全体を完成させる運営手法を採用。食材など地域資源も生かし、宿泊テントやテント式サウナ、キッチン棟、カフェなどを順次整備していく。

 15日に地元自治会、町内会と事業立地連携協定を締結、予約受け付けも開始する。17日から仮営業を始める。当面は1泊3食フリードリンク付きで大人1人2万円。随時、アクティビティー、日帰り利用などサービスを拡大する。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ