JR九州の子会社 16人がIC乗車券不正利用、1人で148回も

西日本新聞 布谷 真基

 JR九州の駅業務を受託するグループ会社社員らがICカード乗車券「SUGOCA」を不正利用していた問題で、JR九州は14日、内部調査の結果、16人の無賃乗車が判明し、金額は計17万780円に上ったと発表した。同日付で2人を懲戒解雇、7人を諭旨解雇にするなどの処分を行った。

 不正が確認されたのはJR九州サービスサポート(福岡市)の20~70代の社員と契約社員。実質的な駅代表者である「助役」も含まれているという。勤務先は福岡、佐賀、長崎、熊本の4県の16駅だった。昨年4月~今年9月を対象に、JR九州とサービスサポートの全従業員を対象にICカードの利用実績を調べた。

 不正の手口は通勤時などにICカード乗車券で入場後、勤務先の駅事務室で入場記録を取り消していた。私的利用分でも不正があった。148回にわたり、6万8460円分の不正を繰り返した従業員もいた。

 調査は他社の不正事案を受けて実施した。JR九州グループでは過去にも同様の不正が起きている。(布谷真基)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ