【やさしい日本語】「かまぼこ」で、ハロウィーン(Halloween)の  飾(かざ)りを  作(つく)る

西日本新聞

10がつ31にちは「ハロウィーン」(Halloween)です。

ハロウィーンは、  ヨーロッパ(Europe)で  はじまった  おまつりです。

どもたちが「トリック・オア・トリート(Trick orTreat =お菓子かしを  くれないと、いたずらを  します)」と  いながら、近所きんじょの  いえを  いくつも  たずねます。

今年ことしは  あたらしい  コロナウイルスが  ありますから、いつもより  しずかな  ハロウィーンに  なるかも  しれません。

◆◆

福岡ふくおかには、100ねん以上  いじょう  まえから、「西門さいもん蒲鉾かまぼこ本店ほんてん」という  かまぼこの  みせが  あります。

かまぼこは、さかなから  つくる  日本にっぽんの  食べ物た  ものです。

みせは  いま、ハロウィーンの  かまぼこを  つくっています。

かまぼこが、ハロウィーンで  かざる  カボチャや、コウモリ(bat)などの  かたちをしています。

みせの  ひとが、オレンジや  むらさきなど、いろいろな  いろを  使つかって  つくって  います。

ハロウィーンの  かまぼこは、3つで  650えんです。

かまぼこを  つくっている  ひとは、「外国がいこくの  おまつりを、  日本にっぽんの  かまぼこで  たのしんで  ください」と  はなしました。

 

もとの  記事きじは  こちら

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ