大麻売買の疑いで高校生含む12人逮捕 福岡県警

西日本新聞 社会面 山口 新太郎

 福岡県警は16日、大麻を売買するなどしたとして、大麻取締法違反(営利目的譲り渡しなど)の疑いで、北九州市門司区寺内1丁目の建設作業員木村大嗣容疑者(22)ら高校生2人を含む県内の17~22歳の男12人を逮捕し、捜査を終結したと発表した。

 12人の逮捕容疑は昨年11月~今年7月、北九州市の商業施設や公園で、大麻を譲り渡したり所持したりした疑い。

 県警によると、12人は地元の友人を介したつながりがあるという。木村容疑者はこの中の1人の少年に乾燥大麻を売却するよう求めて渡しており、「もうけたかった。少年だからしゃべらないと思った」と供述しているという。 (山口新太郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ