中洲に戻らぬ“社用族” 名店や老舗も閉店…常連は「行けなくてごめん」

西日本新聞 社会面一面 井崎 圭

 歓楽街・中洲(福岡市博多区)の目抜き通りの交差点。その片隅で、ダークスーツに身を包んだ白髪の男性が行き交う人々をじっと見つめる。60代。高級クラブの幹部従業員。30代前半から店の“黒服”として働く。

 店の仕事がないときはこの場に立ち、一度でも来店した企業人を見つければ深々とお辞儀する。20年以上続ける仕事の流儀だ。

 交差点の風景は新型コロナウイルスによって一変。緊急事態宣言が出されると人通りは消えた。6月から中洲の多くの飲食店が再開。一部で感染者が発生した危機は乗り越え、政府の観光支援事業「Go To トラベル」で持ち直した感はある。それでも人出はコロナ前の半分以下だと感じる。

  その中で目につくのは若い世代。男性の店を利用するような、接待や会合で歓楽街を訪れる背広姿の“社用族”が少ない。「コロナ前は20人以上にあいさつした。でも、今は1人いるかどうか…」

  地場経済界の重鎮とも交流し、接客業のイロハを学んできたと自負する男性は中洲の現状に危機感を抱く。「このままだと社交場文化が廃れてしまう…」

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ