「さばけんけい」返上…

西日本新聞 社会面 金子 渡

 「さばけんけい」返上できますか-。弊紙の1999年12月26日付朝刊に掲載された佐賀県警幹部へのインタビュー記事の見出しだ。ちなみに「さばけんけい」とは、事件がさばけない佐賀県警をやゆした造語である。

 先日、テレビ西日本(TNC)が昨年10月の福岡県太宰府市主婦暴行死事件について「すくえた命」と題した計5回の検証番組を放送した。事件発覚前、被害者の主婦は行方不明になり、親族が佐賀県警に計11回相談。応対した警察官は被害届を受理しなかったばかりか、親族に対し脅迫電話を録音した音声の文字起こしなどを指示したという。その後、主婦は遺体で発見され、福岡県警がこの音声記録などを基に男女3人を傷害致死容疑などで逮捕した。

 親族の訴えが事実なら、とんでもない捜査ミスだ。佐賀県警は当時の対応を徹底検証し、その結果と責任の所在を明らかにすべきだろう。

 (金子渡)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR

注目のテーマ