アサギマダラ 姫島で一休み

西日本新聞 大分・日田玖珠版 後藤 潔貴

 旅をするチョウとして知られるアサギマダラが姫島(大分県姫島村)に飛来している。島の人たちが植えたフジバカマの花壇では、無数のアサギマダラが舞い、花の蜜を吸っている。11月上旬まで見られそうという。

 アサギマダラは20度前後の気温を好み、春と秋の年2回、日本列島を縦断する習性がある。秋の渡りは宮城や福島といった寒冷地から、沖縄や台湾などの温暖地を目指して旅する。姫島は年2回とも飛来する渡りの中継地として知られ、島民たちが大切に見守っている。 (後藤潔貴)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ