「どうしたの」迷子になった女児…小5男児が保護 父「よくやった」

西日本新聞 北九州版 石黒 雅史

 福岡県警行橋署は16日、迷子の保護に貢献したとして行橋市の行橋小5年、今村晄(あきら)さん(11)に感謝状を贈った。

 今村さんや署によると9月29日午後6時半ごろ、そろばん教室から自転車で帰宅途中、既に暗くなった歩道上に泣きながら立ちすくむ小学2年の女児(7)に出くわした。「どうしたんですか」と声を掛けると「道に迷った」と言う。すぐに携帯電話で航空自衛官の父雅和さん(47)に相談した。日頃から「困ったときはすぐ電話しなさい」と教えられていた。

 雅和さんから指示を受け、女児を連れてそろばん教室に戻り、先生に事情を伝えた。雅和さんからの連絡で警察官も駆け付けた。女児は、一緒に遊んでいた友人とはぐれて道が分からなくなったらしい。娘が帰らないので心配した母親も警察に通報しており、身元を確認できたため保護者に引き渡された。

 今村さんは「無事に帰れてよかった」と満足そう。雅和さんは当日「よくやった」と声を掛け、息子の願いを一つかなえてやった。この日は「ゲーム禁止の日」だったが、特例で使用を認めたという。 (石黒雅史)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ