島原農高畜産部、乳牛審査会で2年ぶり1位 体形や年間乳量を採点

西日本新聞 長崎・佐世保版 真弓 一夫

 優秀な乳牛を飼育する都府県の酪農家や学校を表彰する2019年度の審査会「都府県別・乳牛体型審査成績優秀群」の審査頭数10~29頭部門で、長崎県島原市の島原農業高畜産部が2年ぶり4回目の1位に輝いた。

 畜産部では教員らとともに約40頭の牛を飼育。部員は現在、農業科学科3年の2人だけで、入学時から担当する牛を持ち、夏休み中なども毎日、餌やりや搾乳など世話をしてきた。

 審査会は、日本ホルスタイン登録協会(東京)が飼育技術の向上を目的に対象頭数別に3部門で実施。「10~29頭」に該当する752戸・学校から事前審査を通過した30戸・学校が参加し、審査員が乳牛の体形や年間乳量を100点満点で採点。同校が審査に出した14頭の平均得点は87・9点でトップだった。

 14頭のうち7頭は、体形が90点以上で子牛を3頭以上産み、年間乳量9千キロリットル以上の極めて優秀な牛に贈られる称号「エクセレント」を獲得。県内ではこれまでに23頭が称号を得たが、18頭を同校が占める。

 卒業後は家業の酪農を継ぐ部長の菅駿介さん(17)は「苦労したが、1位に返り咲けてうれしい。自信になった」と喜ぶ。横田光さん(17)は「くじけそうになったが、担当する牛に励まされた。牛はかわいい」と笑顔を浮かべた。 (真弓一夫)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ