中国GDPが4.9%増 7-9月期、2期連続で成長

西日本新聞 国際面 坂本 信博

 【北京・坂本信博】中国国家統計局が19日発表した2020年7~9月期の国内総生産(GDP、速報値)は物価変動の影響を除く実質で前年同期比4・9%と2四半期連続でプラスとなった。成長率は4~6月期から1・7ポイント増え、1~9月期も0・7%増。新型コロナウイルス感染拡大後初めて累計で増加に転じた。中国は20年のGDPを10年比で倍増させる長期目標を掲げる。通年で5・6%以上の成長が必要で達成は困難になったが、世界に先駆けてコロナ禍からのV字回復を印象づけた。

 当初、市場が予想していた5%台の成長は下回った。国家統計局は19日の記者会見で、商品とサービスの消費は回復しつつあるとする一方、海外で新型コロナの感染が広がり続けていることから「不確定要素が依然としてあり、国内需要も不足している」と指摘した。

 同時発表した1~9月期の主要統計によると、工業生産は自動車やパソコン、半導体、鉄鋼が伸びてコロナ禍前の前年同期より1・2%増。オフィスビルや工場などへの固定資産投資も前年同期比0・8%増となり、20年に入って初めてプラスとなった。

 消費動向を示す小売売上高は同7・2%減で、1~6月期(同11・4%減)よりマイナス幅は縮まった。コロナ対策に伴う“巣ごもり消費”で通信機器やゲームなどのエンターテインメント製品、オンライン小売りが好調の一方、飲食店では苦戦が続く。

 中国は新型コロナ禍で1~3月期の成長率が前年同期比6・8%減と、四半期の統計がある1992年以降で初のマイナスを記録。その後、感染者は山東省青島などで散発的に発生しているが、全国的にはほぼ収まっている。政府は景気対策として高速鉄道やハイテク分野への公共投資に力を入れている。

 習近平指導部は、中国経済とのデカップリング(切り離し)を進める米国などを念頭に置き、14億人の人口を生かした国内消費拡大を柱に、貿易や外国からの投資も利用して経済成長を目指す「双循環」(二つの循環)を打ち出している。新型コロナの国内の感染状況や、ハイテク分野での米国との対立が今後の懸念材料となる。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ