「常に何本か題材を用意している」7年ぶり新作、青山真治監督に聞く

西日本新聞 吉田 昭一郎

 都会に住む現代女性の生きざまを、スター俳優との出会いというドラマチックな筋立てを通して描き出す劇映画「空に住む」(10月23日公開)。青山真治監督(北九州市門司区出身)に、7年ぶりの監督作となった今作と今後の映画作りについて聞いた。

 「空に住む」の主人公、小早川直実(多部未華子)は出版社の編集者。引っ越した都内のタワーマンションで出会ったスター俳優(岩田剛典)との対話が、今の自分を考えるきっかけになる。おっとりして、はっきり意思表示するのが不得手なタイプだ。利用し合うドライな男女関係との遭遇である。

 「映画で男社会を描くのはうんざりみたいな気持ちがどっかにあって、女性を描くことで先に進もう、っていうふうな気持ちになってて。女性の社会は面白いんじゃないのか、というかたちで、のぞき込んで見てるわけですけど、男社会の影響で女性の社会もしんどいことだらけだということが分かってきた。じゃあ、どうしたらいいか、ディスカッションするような映画にしていきたいな、と思いました」

 28歳。両親が急死する。心の支えは少女時代から飼う猫。叔父夫婦の世話でタワーマンションに住む。スター俳優との逢瀬(おうせ)は微妙な距離感があって燃え上がる恋愛では決してない。親愛な態度を見せていたマンションのコンシェルジュも、転勤が決まれば冷淡だ。出版社の編集者として着実な人生を刻んでいるが、孤独を抱きしめ、どこか空疎さを宿す日常である。「空に住む」は「空疎な世界に住む」と解釈することもできるだろうか。

 「(直実に対する理解は)決して間違っていない。(空疎な世界に住むというが)僕はどちらかというと、現実的に生きている姿を描いたつもりではいるんですけどね。空想の世界に生きているということでは少なくともない」

 「今、東京で生きている1人暮らしの女性は一般的に孤独だというのは当たり前。『それでも、生きていく』ということをどうとらえるのか、どう考えるか、ということが、最大のポイント」

 自ら原作・脚本を書いた「EUREKA ユリイカ」(2001年)、「サッド ヴァケイション」(07年)とは違い、今作はプロデューサーから紹介された原作をもとに作った。原作はEXILEなどの楽曲の作詞家、小竹正人氏の同名小説だ。

 青山監督はそこに「現代日本社会を生きる女性たち」というテーマをかぶせて、原作ではアルバイト勤務だった主人公を、出版社勤務の女性にし、原作にはない直実の後輩女性を登場させる。その後輩は、妻子ある作家との間で妊娠し、それを隠して別の男性と結婚しようとする。相手との別れに修羅場もないし、とがめ立てもしない。映画の男たちは都合よすぎるように映りもする。

 「逆に言えば、そういう形で逃げていく男も(現実には)いっぱいいると思いますしね、っていう言い方になりますけど」

 身勝手な男の論理に振り回され、迷路に入り込むこともある現代女性のリアルにどう向き合うか。現実を受け入れ一つの経験と割り切って前を向くのか、そんな現実ははねのけて自身が望む道を探すのか。今作は女性たちに生き方を問うてもいる。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ