唐津くんちのフレーム切手販売 300シート限定

西日本新聞 佐賀版 津留 恒星

 日本郵便九州支社は22日から、唐津神社の秋季例大祭「唐津くんち」を題材にしたフレーム切手を販売する。唐津市と伊万里市、玄海町、有田町の計52郵便局で計300シートに限定して取り扱う。

 今年は新型コロナウイルスの影響で曳山(ひきやま)巡行が中止となったが、切手販売は例年通り。上半分には唐津神社前に勢ぞろいした曳山の写真を使い、切手として使える下半分には市街地を巡行する場面など14カ町すべての曳山を載せた。いずれも昨年のくんちの写真を使用している。

 20日に唐津市役所で峰達郎市長にフレーム切手を贈呈した同支社の田中雄二県本部長は「切手を通してくんちの素晴らしさや雰囲気を発信したい」と話した。

 1シートは84円切手10枚で1330円。郵便局とは別に25日からは同社のウェブサイトでも販売する。同支社=096(328)5436。

 (津留恒星)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ