菅首相の著書改訂「公文書重要」バッサリ削除

西日本新聞 総合面 一ノ宮 史成

 菅義偉首相が2012年の野党時代に刊行した単行本「政治家の覚悟」(文芸春秋)が改訂され、新書として20日、発売された。当時の民主党政権とその公文書管理の在り方を批判し、「国家を運営しているという責任感のなさが如実に現れています」と主張していた単行本中の記述が削除されており、話題を呼んでいる。

 「政治家の覚悟」は首相の唯一の著書。単行本は既に在庫切れで、9月の自民党総裁選に出馬表明する前後からネット上では数万円で取引されていた。

 文芸春秋は「復刊を望む声が多数集まった」として今回、改訂版の発行を決めた。「官僚を動かせ」と題した単行本と同じ内容の第1部と、第2次安倍政権の官房長官時代に月刊誌「文芸春秋」に掲載されたインタビュー4本の第2部で構成している。

 新書でなくなったのは民主党政権について、11年の東日本大震災時に会議の議事録を十分に残していなかったなどと指摘していた複数の章。公文書管理の大切さを、首相はこう訴えていた。

 ≪政府がどう考え、いかに対応したかを検証し、教訓を得るために、政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録は最も基本的な資料です。その作成を怠ったことは国民への背信行為であり…≫

 だが、その後の安倍政権では森友、加計(かけ)学園や桜を見る会の問題で、改ざん、破棄などずさんな公文書管理が表面化した。17年の官房長官記者会見では、単行本の該当箇所を引用する形の質問を受け、政府の姿勢をただされる場面もあった。

 削除について、文芸春秋の文春新書編集部は西日本新聞の取材に対し「総ページ数など全体のバランスを考え、編集部の判断で割愛した。特定の文言の削除を意図したものではない」と回答。立憲民主党の枝野幸男代表は20日、「菅新政権がしっかりと記録を残す意思を持っていないことを示している」と述べた。新書は全244ページ、880円(税込み)。 (一ノ宮史成)

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ