毎月第3水曜日掲載の…

西日本新聞 社会面

 毎月第3水曜日掲載の「マイ傑作ショット一般の部」を担当している。読者の皆さんが撮影した作品から入選作などを選ぶ。テーマを持って被写体を狙い続けるベテランの作品や、偶然スマホで撮影した面白い投稿など、多彩な写真からの選考は大変だ。

 そんな中、ひとつの応募作が目に留まった。作品というより日常のスナップ。フォトブックから切り取ったような跡があった。小さな女の子がシャボン玉で遊ぶ場面や、つえをついたおばあちゃんと手をつなぎ山道を歩く姿-。「老人ホームに入る私に送ってきた数枚です。ぜひ皆さまに見ていただきたく送ります」と、手紙が添えられていた。

 遠くに暮らす家族から孫の写真が届き、うれしくて投稿されたのだろう。私も独り暮らしの母にアルバムを送ったことを思い出した。女の子のあどけない表情を見ながら、賞に選ばれなくとも、一枚の写真にはそれぞれの物語があるのだと思った。 (佐藤桂一)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR

注目のテーマ