1945/10/22の紙面から【大学出に就職の「狭き門」 風当たりの強い工学士 舞い込む予約の断り状】

 〈「大学は出たけれど」かつてこんな言葉が、その時代を表象したものであったが、再び終戦後の大学を就職難の嵐が吹きまくることになった〉...

残り 1101文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR