なぜ?秋なのに桜開花 台風で「ホルモンバランス」に異変

西日本新聞 社会面 鶴 善行

 季節外れの開花は、「ホルモンバランス」の乱れが原因-。今秋、長崎県五島市や福岡県内のサクラが相次ぎ開花した要因を、日本樹木医会福岡県支部の武林晃司さんはこう説明する。

 サクラの花芽は夏場にでき、冬場は寒さに耐えるため休眠する。この休眠に必要なのが、葉で作られるアブシシン酸と呼ばれる植物ホルモン。花芽の成長を抑える効果がある。

 武林さんによると、9月初旬に九州西側を北上した台風10号の強風で葉が落ちたため、一部で花芽にアブシシン酸が送られず、季節外れの開花につながったという。

 影響は一部とみられており、「花見のシーズンには例年通り、多くの花が楽しめる」と武林さん。季節外れの花を咲かせた枝も来夏には新芽を作り、通常のサイクルに戻るという。

(鶴善行)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ