福商副会頭に谷川氏が就任へ 西シ銀頭取 副会頭4人交代の見通し

西日本新聞 九州経済面 吉田 修平

 福岡商工会議所の次期副会頭に、西日本シティ銀行の谷川浩道頭取(67)が就任する見通しであることが分かった。副会頭5人のうち4人が交代する方向で最終調整しており、後任には女性も起用する方針。11月13日の臨時議員総会で正式決定する。

 谷川氏以外に候補として挙がっているのは、福岡県運輸事業協同組合連合会理事の真鍋博俊氏▽電気設備資材卸売業を手掛けるカンサイの忍田勉会長▽航空会社の客室乗務員を養成するインターナショナルエアアカデミーの永江静加会長。

 藤永憲一会頭(70)=九電工特別顧問=は2期目(3年間)の続投が内定済み。現在の副会頭5人体制を維持した上で、藤永会頭を支える。新型コロナウイルスの感染収束が見えない中、地場中小企業の支援が当面の課題となる。

 谷川氏の副会頭就任を巡っては、藤永氏の後任の会頭含み、との見方もある。西シ銀からは2015年9月~18年6月、当時副頭取だった礒山誠二氏(69)=九州リースサービス社長=が、藤永氏の前の会頭を務めた経緯がある。

 退任予定の副会頭は、福岡地所の榎本重孝副会長▽アキラ水産の安部泰宏会長▽三友機器顧問の柴田暢雄氏▽松本組の松本優三社長。ふくやの川原正孝会長は留任する見通し。

(吉田修平)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ