「気持ちより体が先に」人命救助で高校生らに感謝状

西日本新聞 北九州版 姫野 一陽

 小倉南消防署は、素早い通報や的確な処置で人命救助に貢献したとして、北九州市小倉南区の真颯館高3年、山下駿さん(18)、同区の看護師の梅林知代さん(34)と夫の良行さん(37)に感謝状を贈った。

 8月1日、同区内のバス停で高齢男性が倒れ意識不明になり、その場にいた山下さんが119番通報。車で通りかかった梅林さん夫妻も駆けつけ、知代さんが心臓マッサージを行った。男性はその後病院へ搬送され、社会復帰を果たしたという。

 感謝状の贈呈は15日と19日にあり、山下さんは「気持ちより体が先に動いていた」と振り返り、梅林夫妻は「助かって良かった」と話した。 (姫野一陽)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ