林業にドローン活用計画「実用化が困難」佐賀県が断念

西日本新聞 社会面 金子 晋輔

 佐賀県は22日、山林での除草作業を省力化しようと取り組んだ小型無人機ドローンによる除草剤の空中散布の実証実験について、「実用化が困難」として導入を断念する方針を明らかにした。農薬の空中散布による環境汚染問題への懸念克服は難しく、林業へのドローン活用計画はスギ生産量日本一の宮崎県に続いて頓挫した。

 佐賀県林業課によると、植林した苗木周辺の雑草を取り除く「下刈り」の重労働は林業離れの一因だった。林業の担い手不足に直面する同県は、除草剤の空中散布で下刈り作業の負担を軽減させようと、2019年度に実証実験を開始。21年度までに実用化を判断する計画だったが、当初から環境汚染を懸念する住民の声が上がっていた。

 実証実験では、低山でも起伏によりドローンの安定飛行が難しく、一定の高度で散布すると風の影響で想定外に飛散することが判明。「技術的な課題を近々に解決できない」(同県担当者)として計画を断念した。 (金子晋輔)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ