石破氏「ポスト菅」の戦略白紙 派閥会長を辞任

西日本新聞 総合面 湯之前 八州 郷 達也 一ノ宮 史成

 自民党の石破茂元幹事長(63)は22日、自身が率いる石破派(水月会、19人)の会長を辞任した。この日の派閥会合で、9月の総裁選に敗北した責任を取るとして辞意を表明し、了承された。石破氏に対しては、「負け戦」と分かっていながら出馬したことへの批判や、勢力拡大の展望がないとして、派内から不満が公然と出ていた。石破氏は来秋の次期総裁選に立候補するかどうかを明言しなかったが、影響力や求心力の低下は必至で「ポスト菅」を目指す戦略は白紙となった。

 会合は非公開。出席者によると、石破氏は「2晩寝ずにしたためた」という文書を読み上げ「総裁選を水月会の支援で戦ったが、結果を残せず同志に負担をかけた。責任を取りたい」と説明。次の総裁選に関しては「今、1年後のことを言うのは違う」と述べるにとどめた。

 会合後、石破氏は記者団に「(26日召集の)臨時国会前に表明すべきだと考えた」と述べ、菅義偉政権を支えていく意向も示した。

 石破氏は9月の総裁選に、主要5派閥が相乗りする菅氏の圧倒的優勢が伝えられる中で出馬。菅氏と岸田文雄氏に続く3位に沈んだ。得意の地方票で菅氏の半分も取れず、議員票は石破派と、支持を公言した議員以外に広がりを欠いた。

 総裁選後、派内では、石破氏が講演で紹介する猪瀬直樹氏の著作「昭和16年夏の敗戦」になぞらえ「負けると分かって戦争を仕掛けたかつての日本と同じだ」といった声や、「他派閥に支持を広げる努力が足りない」「安倍前政権をたたいてばかりで党内の反感を買っている」といった批判が噴出。入閣待機組から人事で冷遇されていることへの不満のほか、派閥の集金力低下への懸念も出ていた。

 石破氏は派内の「ガス抜き」のために派閥メンバーとの個別懇談を重ねたが、数人が会長辞任や派の解散、二階派や竹下派との合併を迫ったという。「派内の亀裂をこれ以上拡大させないために、石破氏は会長辞任を選んだ」。派閥関係者は推測する。

 石破派は2015年、石破氏を首相に押し上げたい議員が集まって設立された。会長辞任で「派に遠心力が働くのは必至だ」と同派の一人は言う。一方、他派閥は「引っ張りたい人がいる」(二階派幹部)と会長不在の石破派の動向を虎視眈々(たんたん)と狙っている。 (湯之前八州、郷達也、一ノ宮史成)

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ