干支や五輪…シニアの力作135点 美術手工芸作品展 諫早市

西日本新聞 長崎・佐世保版 古長 寛人

 高齢者施設などで創作活動に励む人々の作品を集めた「諫早市シニア美術手工芸作品展」が、長崎県諫早市宇都町の地域福祉センター上山荘で開かれている。29日(25日は休館)まで。

 同市社会福祉協議会が主催し、手工芸や編み物、書、絵画など135点の作品を展示。新型コロナウイルスの影響で出品は例年より4割ほど少ないが、趣味やリハビリなどで創作に取り組む高齢者の力作が並ぶ。

 会場には、今年のえとや五輪にちなみ「2020」の文字とともにネズミが競技に励む貼り絵などユニークな作品もある。作品展を手伝うボランティアの鳥越豊子さん(69)は「アイデアが素晴らしく丁寧に仕上げた作品も多い」と話した。

 (古長寛人)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ